ハートケアサロン仙台は女性による女性のための
傷ついた心をふんわり癒すカウセリングルームです

090-7375-1466

受付時間
10:00〜19:00(日・祝定休)

メールボタン

お問い合わせ・ご予約

父の許しのプロセス

記事のサムネイル画像

こんにちは!

父との話をこれまで紹介しましたが、今日は父との許しのプロセスを話したいと思います。

誤解されたくないことは、父と仲良くすることがゴールではないということです。

人それぞれの過去の関係がありますので、私の場合は無意味に父を嫌うことがなくなった結果、

父と仲良くすることができたのですが、それが正しいとは思っていませんので、

ある一例の許しのプロセスを想像し共感していただければ幸いです。

私の場合は離婚がきっかけで父と不仲になり、離婚後にお付き合いした人との間に結婚していた時と同じような問題や悩みが出てきました。

その時に、同じことが起こるのは自分に問題があるんじゃないかと思ったんです。

もう二度と同じことを繰り返したくないと思って、離婚後勇気が出なくていけなかったカウンセリングの門を叩くことになります。

父の許しのプロセスで初めにしたことは、感情を解放することでした。

いろんなことを思い出しながら泣きながらノートに書き殴ったと思います。

何度も書くうちに、同じことを書いていたり…

私は分かってくれない!認めてくれない!が多かったかな。

理想の父、父にして欲しかったこと、色々書き出しましたが、忌み嫌っていたのに50個以上書くのは難しい!

ある程度感情が解放したら、父の生い立ちや時代背景を想像して書き留めたりしました。

昔の方が性差別も多かったと思うんです、それは男性も同じで、男なのに、とか長男なんだからとか。

そういう世代の真っ只中にいたのがうちの父の世代だと思います。

そりゃぁ、父も頑固親父になるわけで、それは仕方ないなって思えたんです。

愛情をストレートに表現することも、当時では少数派だったでしょうし、父も親に分かりやすい愛情をかけてもらったことはないかもしれません。

そんな父が、昭和後期に生まれた私の理想の父に求める行動をしてくれるかな?と思ったら、無理だよねって(笑)

逆に幼かった私が欲しかった理想の愛情はもらえなかったけど、父なりの愛情を探ると、意外とあるんですよね。

忘れている、不器用な愛情が。

恨みつらみを泣きながら書いていた最初の頃の私が想像できないくらい、父の愛に気づいて涙が出たりします…

そして意外なことにも、父が嫌いと思っていたはずなのに、

自分お父さん大好きだったんじゃね?と思うような過去の自分の行動も思い出したりして、自分の父への愛とも繋がれました。

感情のコップがいっぱいな時は、相手の状況や、第三者の気持ちで俯瞰して過去を見ることができないのですが、

感情を解放してコップが空っぽになると、相手を受け入れる用意ができるのだと言うことを身をもって体験しました。

何年も積み重なったものですし、一度でスッキリいうことはないと思います。

でも何度も重ねて取り組むことで、ゆっくりだけど前進していくのがわかるし、なんと言っても前進できると自分に自信もつくものです。

私の実家は広島ですので、お盆と年末に大体帰省して両親や家族に会っています。

父との関係に癒しが進んだあと帰省したとき、父と嫌悪感なく普通に話ができたのがすごく嬉しかったです。

煙たくて、視界に入れたくなくて、二人きりになったら話すことない、煩わしいのが父の存在だと思っていたのに、

ものすごく普通にできて驚きました。

コロナが落ち着いて、仙台に父が来たら、私の親友と父とでご飯を食べに行きたいと思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 カウンセリングのハートケアサロン仙台
 https://heartcare-sendai.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<<
>>

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約はこちらから

お問い合わせ

ACCESS

アクセス

住所:〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2丁目 17-1-305

ABOUT

ハートケアサロン仙台について

サロン紹介へ
090-7375-1466 お問い合わせ